全国乾麺協同組合連合会とは
乾めんメーカーの業界組織です。我々は消費者に向け、豊かで健康的な食生活の一助になることを目指しております。乾めんは和洋中など、どのようなメニューにも合う上に、四季おりおりの食卓を飾るにふさわしいヘルシーで現代にマッチした美味しい商品だと自負しております。
お知らせ


「新そば」の季節がやってきました!
〜一日一食、おそばを…〜

 桜の開花予想とは逆に、そばの花は北から南へと南下します。7月下旬ころに北海道で開花するそばの花は、10月中旬ころに九州で花を咲かせます。
もちろん、播種期や気象条件等によって前後します。また、夏作そばにあってはもっと早くに花一面に広がるそば畑の見頃となります。

そば畑一面に咲くそばの花は、夏から秋の隠れた日本の風物詩。日本の風土に育った特有のそばが「麺(めん)」となって日常の食生活の中で食べられ、景観として人々の目を楽しませる。日本の伝統食として、次世代に引き継がれます。

そばは昔から健康に良いと言われ、一見地味に見えるそばですが、健康に良いたんぱく質とアミノ酸・食物繊維・ビタミン・ミネラル・ポリフェノール類など栄養を豊富に含んでいます。だから、最近では、生活習慣病を予防する機能性成分を含んでいると言われているようです。




一面に広がるそば畑


そばの花

「新そば」の季節、一日一食おそばをたべてみませんか!
 
乾めんについてのお問合せ耳寄り情報お待ちしております
新着情報
『幌加内町 新そば祭り』のお知らせ

開催日:平成28年9月3日(土)〜4日(日) 午前9時〜午後3時30分
開催地:北海道幌加内町役場周辺
    詳しくはコチラ

乾めん入門 (第4版)
食品知識ミニブックスシリーズ
めんというと、関東地方以東ではまず“そば”の名が挙げられるが、そばがめんとして作られるようになったのは15世紀からのこと。さらに一般的に食べられるようになったのは江戸が文化の中心として栄えてからのこと。
めん類の歴史、乾めんの概要、原料、製法、調理法、品質と表示などを掲載。
 
発行 : 日本食糧新聞社
著者 : 安藤 剛久
     全国乾麺協同組合連合会専務理事