全国乾麺協同組合連合会とは
乾めんメーカーの業界組織です。我々は消費者に向け、豊かで健康的な食生活の一助になることを目指しております。乾めんは和洋中など、どのようなメニューにも合う上に、四季おりおりの食卓を飾るにふさわしいヘルシーで現代にマッチした美味しい商品だと自負しております。
お知らせ

 
手延べそうめん産地の三輪で
―今年も神事・「卜定祭(ぼくじょうさい)」―

卜定祭の儀
-卜定祭の儀-
浦安の舞
-浦安の舞−
卜定祭終了後・三輪そうめん音頭
-卜定祭終了後、三輪そうめん音頭-



 奈良県三輪素麺工業協同組合(理事長 寺田裕彦氏)主催の「卜定祭」が2月5日、奈良県三輪:大神神社で開催される。
 「卜定祭」とは、かつて穀物の価格を決める神事であったが、今は、三輪そうめんの相場を占う神事で、他の手延べそうめん産地でも注目されている伝統行事の一つです。
 毎年2月5日に卜定(相場占い)の神事を実施すると決められ、大神神社の宮司によって、三輪そうめんを製造する組合と販売する問屋で設定した「高値」「中値」「安値」かの相場価格を占い、その年の相場価格が決定される。
 不思議なこととして、過去の「卜定祭」の結果を見ると、世相を反映し、占った相場価格が、その年の相場価格となってきている。
 因みに、昨年の「ト定祭」の結果は「安値」。
そこで、昨年の市況動向となると、未曾有の3.11東日本大震災で広範囲にわたって被災。その影響で備蓄用として乾めんの特需があった。加えて、乾めん業界が毎年、気にする梅雨明けが、例年になく早かったことにより、一昨年の猛暑の再来かと思わせるほどに活発に消費された。しかし、7月中旬頃から気温が下がり、消費も落ち着いた。
 3.11東日本大震災では福島原発も被災。思わぬ放射性物質の流失もあって、福島県産食品ばかりではなく、全国的に少なからず消費に暗い影を落としたまま越年となった。2012年を迎えたものの福島原発事故の終息はなく、消費動向については、依然として不透明感が漂っている。従って、「ト定祭」の昨年の「安値」は、震災での特需は不測の出来事と捉えれば、市場価格は、デフレの影響もあって「安値」。ただし、消費は前年をクリアー。占いは???。それにしても、被災地の一刻も早い復興を願っている。
 全国乾麺協同組合連合会では、今年も「ト定祭」に参加。「ト定祭」の神事を伝統行事として、乾めんの文化として協賛、後援する。
 

 
乾めんについてのお問合せ耳寄り情報お待ちしております
新着情報
乾めん入門 (第4版)
食品知識ミニブックスシリーズ
めんというと、関東地方以東ではまず“そば”の名が挙げられるが、そばがめんとして作られるようになったのは15世紀からのこと。さらに一般的に食べられるようになったのは江戸が文化の中心として栄えてからのこと。
めん類の歴史、乾めんの概要、原料、製法、調理法、品質と表示などを掲載。
 
発行 : 日本食糧新聞社
著者 : 安藤 剛久
     全国乾麺協同組合連合会専務理事